看護部

看護部

看護部長(外来・病棟診療部長)ご挨拶

高齢化が進む昨今、いつまでも健康でありたいという願いを叶えるためには、「自分の足で歩く」「毎日を笑顔で過ごす」という2点がきわめて重要なのではないでしょうか。
当院は2016年、足と糖尿病の専門病院としてリスタートしました。
 長年足の変形や血行障害、糖尿病の合併症などで苦しんでこられた患者さんの足に関する様々なトラブルを改善し、「歩ける足」を取り戻し維持していくことは容易なことではありません。そこには医師による専門的な治療だけではなく、看護師、義肢装具士、リハビリや薬剤師、栄養士、工学技士、MSWをはじめとする多職種が一丸となって取り組むチームアプローチが必要不可欠です。
足のキズがなかなか治らない、糖尿病や付随する合併症など、慢性的な疾患を抱えた患者さんは病気と向き合う時間が長いため、常に精神的な苦痛を抱えている方が少なくありません。そこで患者さんの背景や病識、ADLを的確に把握し、効果的な治療やリハビリ、指導等が円滑に行えるよう声掛けやケアで臨機応変に対応できる力、他部門と調整できる力が当院の看護に求められている重要な役割であると考えております。
当院ではフットケアや療養指導など、専門看護技術的な面での質の向上はいうに及ばず、患者さんやご家族の苦悩に寄り添い支援する姿勢を常に持つことのできる、精神的にもタフな「頼れる看護師」を目指し、日々の教育・実践に取り組んでおります。
「患者さんの笑顔のために」をモットーに、ケアを受ける側も提供する側も共に笑顔で毎日を過ごせますようこれからも努力してまいります。

 下北沢病院 西出 薫

 

専門・認定看護師および足・糖尿病分野での認定資格取得者について

当院は足と糖尿病治療に特化した病院のため、専門・認定看護師のみならず足や糖尿病ケアに関する資格を持った看護師が活動しています。それら専門的知識を持ったスタッフによって足や糖尿病に関するケアの実践、教育、指導を行っています。

フットケア指導士 1名
日本フットケア学会認定のフットケア指導士です。主に足病変患者のアセスメントやケアの実践・指導・教育を行っています。フットケア指導は患者さんやご家族に対し日常の足のケアや観察、スキンケア、爪切りや胼胝・鶏眼および角質ケア靴の種類、履き方など、多岐にわたって行っています。
足のトラブルに関する患者さんからの悩みを傾聴し、ともに解決する姿勢で日々のケアを行っています。
FSI認定フスフレーガー 1名
ドイツのフットケア専門職の資格取得者によるフットケア(フスフレーゲ)の講習を受け、足の観察から衛生管理、フットマシン、ニッパー、ゾンデ、コーンカッターなどを用いたフットケア手技や指導法を取得しています。ワイヤーによる巻き爪矯正の研修も修了し、痛みを伴う巻き爪のケアにも対応しています。
糖尿病認定看護師 1名(1月より入職)
日本糖尿病療養指導士 2名(1月より入職)

学会発表、論文などの学術的業績、活動

学会発表等
  • 西出薫:患者参画型セルフケア指導と義肢装具士との連携により足潰瘍を予防できた1型糖尿病患者の1例, 第9回日本下肢救済足病学会学術集会
  • 西出薫:A病院ストーマ外来患者における柔らかい凸面装具の有用性に関する後ろ向き調査研究、第26回日本創傷・オストミー・失禁管理学会
  • 西出薫:特別企画1 重症虚血肢に対する集学的アプローチ~メディカルスタッフの果たす役割、重症虚血肢(CLI)に対するWOCナースの役割, 第58回日本脈管学会総会
  • 西出薫:せたがやフットヘルスプロジェクトにおける実態調査の取り組み 第1報, 第17回世田谷区医師会医学会
講演
  • 西出薫:透析患者のフットケア、足と糖尿病の専門病院による足病・フットケアセミナー
  • 西出薫:ホリスターストーマセミナー,~これからのストーマケアへの対応~ やわらかい凸面装具の位置づけ
  • 西出薫:足の番人ベーシックコース, せたがやフットヘルスプロジェクト 8月29日、9月21日、10月13日、12月5日
  • 西出薫:冬のスキンケア、横浜市旭区膠原病患者会(みずきの会)、12月21日

院内教育、研修制度の紹介

新入職者に対しては経験年数に応じ、部署内でのメンターシップ制度を取り入れ、OJTを中心とした教育研修を行っております。
また当院では全職員を対象とする、多職種からなる教育委員会が活動しています。教育委員会では年間計画でテーマを決めて学習会の企画運営を行っております。

教育委員会主催の学習会予定
  • 2018年2月15日 →糖尿病に関する事
  • 2018年4月19日 →診療報酬改定に関する事
  • 2018年6月21日 →足疾患に関する事

上記以外にも新しく導入された医療機器や治療法、学会トピックなど、その時々に業務に必要な院内研修を企画・実施し職員のスキルアップを行っています。さらに当院の業務推進に必要な資格習得や学会・院外のセミナー、研修参加に対する支援制度があり、事前申請によって参加費や旅費などの補助が受けられる仕組みが整備されています。

当院で習得補助等の支援を実施している資格一覧(看護に関連する資格のみ抜粋)
  • フットケア指導士
  • 下肢救済足病学会認定士
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 東京都糖尿病療養指導士
  • 血管診療技士(CVT)看護師
  • 弾性ストッキングコンダクター

各部署の紹介

一般病棟

一般病棟では足病で入院加療が必要な方、糖尿病のコントロールが必要な方の治療とケアを中心に看護を行っています。
当病棟では下肢血行再建術、創傷のデブリードメントや植皮、骨変形の矯正や人工関節置換術をはじめとする様々な足病に関連する周手術期看護を行っています。また糖尿病、透析に関する教育・指導やフットケアも行っています。さらに患者さんにより適切な療養生活を送っていただくために、毎週多職種カンファレンスを行い医師・リハビリテーション科・栄養課、透析、MSW、事務部門との情報共有や密接な連携をはかっています。また退院指導においては、患者さんのみならず家族も含め、できる限り入院前と同じ生活に戻れるよう、また足病の再発を繰り返さないための指導やアドバイスを行っています。
また、下肢切断によるボディイメージの変化や喪失感に伴う不安や悲しみ、受け入れがたい思いに対しても、患者様の思いを傾聴し、共に前向きにリハビリに取り組んでいけるよう、心のケアを大切にしながら看護実践に取り組んでいます。


一般病棟師長 川口佳代子

回復期リハビリ病棟

当病棟は365日リハビリテーションを行っており、患者さんの日常生活機能が少しでも向上できるように介助・看護しています。
特にトイレ・洗面・食事・移乗など毎日の生活に欠かせない動作を安全に無理なく行うことができるにはどのような援助が必要なのか、申し送り時に患者さん個別の状態を確認したうえで統一した看護が実施できるように努めています。
また、当病棟では「足と糖尿病に特化した病院」という特殊性により、生活背景やアドヒアランス、リハビリへの取り組みなど、種々の問題を抱える患者さんが多く入院されています。そのため、医師・看護師・リハビリスタッフ・ワーカー・MSWがチームとなって毎週カンファレンスを行い、全患者さんのリハビリの進行状況、家族の受け止めや退院の方向性など情報共有を行い1人1人の患者さんの状況に応じた医療の提供に努めています。
さらに在宅に戻られる患者さんには必ず退院前のカンファレンスを上記メンバーに加えて本人・家族・CM(ケアマネージャ)・福祉用具専門相談員(必要時)地域包括センター職員(必要時)区役所職員(保健福祉課・必要時)他と行い、在宅に戻られても安全に生活ができる環境つくりを提案・実行しています。
                    

回復期リハビリ病棟師長   高山ゆかり

外来

当院外来は足病総合センターと糖尿病センターから成っています。両科に共通して必要な看護の特徴としては、適切な足のアセスメントやケアと患者指導が主体であるという事です。
足にお困りの患者さんが来院されると、まずは看護師が患者さんと対面し、足の状況のフットアセスメントや問診を行い、必要な検査などを診察前に実施しスムーズな診察や待ち時間短縮に繋げています。
また足に傷のある患者さんには創傷アセスメントを行い、医師の診察前に傷の状況を把握します。理学療法士も外来患者の足の機能評価や運動指導、除圧用具の作成等を行い、チームで患者を診ています。
さらに爪切りニッパー、爪ゾンデ、足やすり、コーンカッター、フットマシン等を使用したフットケアを通し、自宅でできるセルフケア指導、足のむくみや静脈瘤に対する弾性ストッキング指導、各種患者指導や手術のオリエンテーション等などを行っています。外来患者さんが安全、快適に医療を受けていただけるよう日々創意工夫しながら看護しています。


外来主任 佐藤華奈子

手術室

手術室は2016年8月に新設した部署です。当院にある2つの手術室はバイオクリーンルームになっており、下肢血管拡張術や血行再建術、人工骨頭置換術をはじめ、足に特化した幅広い手術を  行っています。 手術室スタッフは一つ一つの手術に対して責任を持ち、周手術期において安全・安楽な看護を提供する事を目標とし、外科医・麻酔科医・看護師・臨床工学技士・放射線技師のスタッフと連携をとり、患者さんが安心して手術に望めるよう体制を整えています。 また、当手術室では全身麻酔で手術を受けられる患者さんを対象に術前訪問を実施しており、手術の説明や情報収集を行い、患者さんに合わせた個別性のある看護を提供するよう努めています。

手術室主任 堀江由美子

応募フォーム