診療内容について

糖尿病センター

糖尿病センター

当センターの糖尿病治療について

糖尿病センターの特徴

糖尿病専門チームによる最新の糖尿病医療を提供

下北沢病院は2名の糖尿病専門医で外来診療を行い、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士など複数で診療にあたります。食事療法、運動療法、薬物治療、インスリンポンプ療法、カーボカウント、血糖見えるか(持続血糖モニタリングシステム)、フットケアなど、多彩な糖尿病診療をチーム医療で提供して、 患者さん一人一人に合った治療法を見出し、それを継続できるようなサポート体制を整えます。

Q&A

糖尿病の治療の目的は?

血液中のブドウ糖が高い状態が続く病気です。のどが渇く、尿の量が多いなどが典型的な症状ですが、初期には症状がないことがほとんどです。知らないうちに合併症は進んでいきます。糖尿病の治療の目標は、合併症の発症や進行を防ぎ、健康な人と変わらない日常生活を過ごしていただけることです。

1型糖尿病の方の治療は行っていますか?

当院には1型糖尿病の患者さんが大勢通院されており、1型糖尿病の治療に精通した多くのメディカルスタッフが在籍しております。1型糖尿病の治療に必要な知識と技術を安心して学ぶことも可能です。インスリンポンプ療法も行っております。

>>>インスリンポンプ療法の詳細はこちら

持続血糖モニタリングシステム(血糖みえるか)とはなんですか?

持続血糖モニタリングシステムが使用できます。当センターでは、フリースタイルリブレによる持続血糖モニタリングシステムを用いた連続的なグルコース測定を行っております。これによって、最大2週間にわたる糖の値の変動を詳しく調べることができるので、糖尿病治療に役立つことが期待されます。他院に通院されている方でもこの検査をうけることは可能です。

教育入院を勧められているのですが、入院したくないです。

当院では、入院という環境ではなく、日常生活での血糖コントロールこそが重要であると考えております。そのため、外来診療の中で、自分自身の体や歩行、そして血糖の状態を知り、これからの生活において活用できる知識を習得するため、「足とグルコース値の“見えるか体験”(1週間コース)」を開設しております。スケジュール、日程などはお問い合わせください。ご希望の方は入院のうえ、行うことも可能です。

栄養相談だけ受けたいのですが?

他院に通院されている方でも栄養相談を受診していただくことも可能です。月~土曜日まで、栄養相談を管理栄養士が2名常勤で対応します。
現在、月80件程度の栄養相談を行っております。

糖尿病以外の疾患も治療していますか?

高血圧や脂質異常症などの生活習慣病、肥満治療、また高尿酸血症についても治療を行っています。またバセドウ病、橋本病など甲状腺疾患の治療も可能です。また糖尿病の方に合併することが多い、睡眠時無呼吸症候群の簡易睡眠ポリグフラ検査も行うことができます。

フットケアや足の傷の治療などはおこなっていますか?

足病センターと連携して、糖尿病の足の傷の治療と予防的フットケアを提供します。糖尿病足病変や足壊疽(あしえそ)は糖尿病の重大な合併症です。下北沢病院糖尿病センターでは、予防的なフットケアから足壊疽の治療まで、「働き続ける」、「歩き続ける」糖尿病患者さんをサポートし、積極的な糖尿病合併症の進展予防、発症予防を目指します。月曜日の午後には“糖尿病足の傷外来”、水曜日午前には“フットケア外来”を開き、足で苦しんでいる糖尿病の方の治療を行っております。

様々な合併症を有する糖尿病患者さんに対して、常に最新治療を行うことのできる、複数の糖尿病のプロフェッショナルをもつ病院は、世田谷区には多くはありません。糖尿病治療や合併症で苦しんでいる方は、ぜひ一度、下北沢病院「糖尿病センター」を受診してください。

糖尿病治療への新たなアプローチ
Aggressive prevention ~積極的合併症予防~

糖尿病は合併症との闘いです。しかしながら、糖尿病診療においては、合併症の予防にかけられる時間はあまり多くはありません。実際、多くの合併症がありますが、診察率は心臓90%、腎臓60%・・・、足においては5%以下と言われています。 通常の糖尿病診療に加え、合併症を積極的に予防していくことが、今後の糖尿病医療に求められていると我々は考えています。

糖尿病センター長より

糖尿病人口の増加、高齢者の増加に比例して合併症を発症する糖尿病患者さんが増えています。糖尿病は合併症との闘いです。その代表が、神経障害(し)、網膜症(め)、腎症(じ)の3大合併症で、その頭文字をとって「しめじ」ともいわれます。

神経障害は“糖尿病足病変”の原因となります。糖尿病足病変は、潰瘍(かいよう)から壊疽(えそ)へと進行します。現在、糖尿病足病変により下肢切断に至る人は年間1万人以上といわれ、足を切断する人は糖尿病患者の高齢化、重症化とともに毎年どんどん増えています。また「しめじ」だけではなく、糖尿病は、狭心症や脳梗塞、そして難聴や肺機能の低下、不妊、睡眠時無呼吸症候群などさまざまな病気を引き起こす可能性があります。これらたくさんの合併症は、血糖値を下げれば治るわけではありません。最大の予防法は、糖尿病そのもののコントロールを良好に保ち、合併症の発症を予防することです。そのためには、糖尿病発症早期からの食事療法、運動療法、薬物療法が重要となります。
下北沢病院では、Aggressive prevention ~積極的合併症予防~を掲げ、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士などスタッフ全員で、合併症が出現しない、また進行させない一貫した糖尿病診療とともに、足病総合センター医師との先駆的取り組みを行います。
そして足病変の発症予防から再発予防を通じて糖尿病の足病変への治療の礎を築くため、チーム全員で日々研鑽を積んでいく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

糖尿病センター 富田益臣