外来について

装具外来

装具外来

足の負担を減らすことも
有効な治療の一つ。

歩くとき、体重の数倍の負担が足にかかることはご存知でしょうか?
いったん足のバランスが崩れてしまうと、足の変形や痛みといった症状につながります。症状の改善や緩和のためには、インソールや治療目的の靴を使用することがあります。

足の痛みをお持ちの方へ

足の痛みを緩和し、変形の進行を遅らせるには、足のバランスを整えることが必要です。足の裏からしっかり体重を支え、足のバランスを整えるのがインソールです。注意すべきことは、市販されているインソールの多くは柔らかくクッション性があり過ぎるため、足の痛みを訴える方には不向きである事が多いようです。医師の診察のもと、治療目的に合ったインソールを装着することが重要です。

糖尿病治療や血流障害を合併されている方、透析をされている方へ

糖尿病や血流障害、末梢神経障害の方の足は、傷や変形などの足病変が生じやすい状態です。靴擦れなどで、一度足に傷が生じてしまうと治療にも大変な時間がかかります。最悪の場合、感染や壊疽が生じ、足を切断せざるを得ない場合もあります。足を切断から守るために大切なことは、適切なインソールや治療目的の靴を着用すること。足の負担を減らすことができ、足病変の治療に大変有効です。下北沢病院の装具外来では、足病変に対応したインソールや治療目的の靴の提供も行っています。